リサーチコンサルの依頼はこちらから

サラリーマンの副業がバレないためにすべき3つのこと

会社には黙って副業してるからバレるとまずいなぁ。バレないためにどうすれば良いんだろう。

こんな疑問にお答えします。

KOUSHO

こんにちは。パラレルワーカーの@KOUSHOです。

私も副業を始めた頃は会社に内緒でしていました。まぁいけるだろうと思いつつもどこか不安がありますよね。

未だに多くの会社は副業NGだと思いますので、黙って副業せざるを得ないと思います。

会社が今後の雇用を守ってくれるわけではないですし、副業NGでも勝手にやればよいと思っています。

この記事では、黙って副業をせざるを得ない方が、バレないためにすべきことを書きたいと思います。100%バレないとは断言できませんが、リスクを最小限にする努力はできます。

  • 副業がバレる理由と対策
  • 副業OKな会社に転職する

 

サラリーマンの副業がバレないためにすべき3つの対策

副業がバレないためにすべき対策は以下3点です。

  1. 誰にも口外しない
  2. ネット上で特定に繋がる情報を出さない
  3. 住民税を普通徴収にして自分で納税する

 

1. 誰にも口外しない

人づてで伝わってバレるのが最多いパターンです。

どこで誰が繋がっているか分かりませんので、家族以外には絶対に口外しないようにしましょう。

最も気をつけるべきは同僚です。何気なく副業の話をしたことがきっかけで会社中に知れ渡ってバレた人が知り合いにいます。

副業で稼いでいるなら人に話したくなる気持ちも分かりますが、同僚には絶対に副業のことは話してはいけません。信頼できる人でもどこから漏れるか分かりません。飲みの席でポロっと話してしまい、あなたを良く思わない同僚が人事に密告するかもしれません。

誰にも話さないことが最もバレる可能性を低くする方法です。

 

2. 特定に繋がる情報はなるべく伏せる

インターネット上で個人が特定される情報は出さないようにしましょう。

実名や本人を特定できる情報を公開してSNSやブログを運営しているケースは要注意です。SNSで副業に関して投稿したり、ブログで収入を得ていることが分かれば副業とみなされる可能性もあります。

また、ビジネス関係の投稿をする場合、発言自体が所属企業と紐づけて捉えられて炎上したり会社に迷惑をかける可能性があるので慎重にやりましょう。

 

3. 確定申告の際に自分で納税する

住民税の通知で納税額が増えていることから会社にバレるケースもあります。

住民税の支払いは通常は役所から会社に通知がいきます。その際、副業で稼いだ雑所得が住民税に含まれ会社が払う住民税が増えるためバレるのです。

バレないための対策は以下です。

手順1
住民税を自分で納税する
確定申告時に「住民税に関する事項」の「住民税徴収方法の選択」の項目を「自分で納付」を選択することで普通徴収にできますので、後は自分で納税すれば問題ありません。
手順2
バレたらふるさと納税で逃げる

普通徴収が認められず会社特別徴収として会社に通知がいってしまう可能性もゼロではありません。その際は納税額だけが通知されるので、ふるさと納税で確定申告をしたと言えば、それ以上聞かれることはありません。

 

副業可能な会社に転職する

副業がバレないためにすべきことをお伝えしましたが、リスクは0ではありません。

もしキャリアアップを検討しているのであれば、副業OKの会社に転職するのも1つの選択肢だと思います。

会社は生涯守ってくれないのに、副業はせずに会社に尽くせという考えの会社に所属するメリットが正直無いです。本業のキャリアを考えて慎重に検討すべきですが、副業可能な会社に転職すれば、堂々と副業することができます。

私も会社に黙ってやっていた時よりも、申請して堂々と副業している今の環境の方が精神的にも楽です。ただ、副業ばっかして働かないと思われないように本業でしっかり貢献することが前提です。

転職においては、早めに準備することが重要です。今すぐ転職するかに関わらず転職エージェントに登録することをおすすめしています。

転職エージェントに登録することで、現職以外の選択肢に気づくことができ、市場で評価されているスキルや経験を理解しすることができるからです。

まとめ

副業が会社にバレないためにすべきこと

  1.  誰にも口外しない
  2.  特定に繋がる情報はなるべく伏せる
  3.  住民税を普通徴収にして自分で納税する
    ※住民税でバレた場合はふるさと納税で確定申告したと言い切る。

 

副業可能な会社に転職するのも1つの選択肢
転職予定が無くても、転職エージェントに登録しておくべき理由

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です