広告代理店からの提案資料構成

事業会社のマーケ部門にいると、代理店から新規の提案を受けることが多いんです。
当然それは普段の仕事の中であったり、比較的きちんと準備してのものだったり。

今回は比較的きちんと準備していただくときの話。

新規の提案って、当然なにかの目的があって依頼させてもらったり、あるいは提案いただくわけで。
代理店からの提案って、結構HOW寄り、つまり手法とか細かい枝葉の話の部分が多いんじゃないかな、って思う出来事がありました。
なのでちょっとアドバイス。

広告主側視点でみると、提案に対してGO or NO GOの判断をするのは、HOWの部分ではないんですよね。
もっと上流の、

  • いまそれってリソース割いてやるほどクリティカルか、重要か(広告主側も当然忙しいし色んな仕事がある)
  • どんな効果とかがあるか、そしてそれは今のマーケ方針と合っているか

っていう観点で聞いているんですよね。
つまり、代理店が出来ることで判断しているというより、自分たちの事業を伸ばすために今必要か、
あるいは大きな会社だと、この説明で上司に説明できるかどうか、っていう観点です。

新規提案に限らず、コンペとかも同じで、

「我々はこんなことが出来ます」
「シミュレーション上、このぐらいCPA改善できます!」
「こんな体制で取り組みます!」
「こんな優秀な人材をアサインします!」

っていうことより、もっと上流の話を聞きたいんです。つまり

我々は、貴社のこときちんと理解していますよ
そして、どういう考え方や戦略を持って貴社の広告を改善、事業を伸ばすことに貢献します

っていう部分なんです。

そのための前提として、釈迦に説法な、

広告市場の分析
競合他社の分析
自社の立ち位置

そこから導き出される「なにを取り組むべきか(HOW)」、

そして
それを実現するためのリソースのアサイン、

っていう話を聞きたいんです。

提案資料の中身がすごくHOWの部分に寄っている会社、あるんじゃない?と思ったことがあったので、
もしこの記事を読んだ代理店の方は参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日記

前の記事

2024/03/27